とある UI デザイナーの雑記

UIデザイナー佐藤裕美のたまに堰を切った様に書くブログ 

エンジニア陣の牙城である Qiita にも初アップしてみました

先日書いた同じ内容ですが Qiita にも初めて記事を投稿してみたんです(ドキドキ)

qiita.com

ガチエンジニア陣の牙城のサイト Qiita(尊敬)
「いいね」もらうと嬉しいですね…わーい!!

1いいね…(笑)

 

AfterEffects から Lottie のアニメーション JSON を作成する手順

f:id:hiromisatoh:20200206004658p:plain

日頃からアイコンアニメーションばかり作っているわけではないのですけど
新しい環境をセットアップする時だったり、久々に Lottie 実装する時に
いつも何となく忘れて検索してしまうので
自分への備忘録を兼ねて手順を纏めて記事にしました。

 

❶ まずは素材となるアニメーションを AfterEffects で作成

まずは素材となるアニメーションを AE で作成します。

f:id:hiromisatoh:20200206014657g:plain


Tips メモ

イラレからファイルを持って来た時などは予め「ベクトルレイヤーからシェイプ」を作成を選択して
レイヤーをベクターSVG)化しておきましょう

※これをしておかないと JSON で書き出しが出来なくなるので注意しましょう
方法 >>> レイヤーを右クリック → 作成 → ベクトルレイヤーからシェイプを作成

AE側の設定で必要なのは

環境設定のスクリプトとエクスプレッションメニュー内の

スクリプトによるファイルへの書き込みとネットワークへのアクセスを許可」
にチェックを入れておきましょう!

AfterEffectsからLottieのJSON書き出し

 


❷ コード書き出しする為の Bodymovin をダウンロードする

 

Bodymovin

exchange.adobe.com

AfterEffectsからLottieのJSON書き出し

落としてきたこのファイルを開こうとして、上記のようなZXPを開けないというアラートが出る場合は

helpx.adobe.com

あるいは

ZXP Installer - aescripts + aeplugins - aescripts.com
ZXPInstaller

これらの ZXP Installer をダウンロードしてインストールしてください。

ちなみに私は上の方を使いました。

 

 

❸ AE のエクステンション Bodymovin から JSON を書き出す

エクスプレッションから「Bodymovin」を選択します。

AfterEffectsからLottieのJSON書き出し

 

プラグインのウィンドウが立ち上がります。

AfterEffectsからLottieのJSON書き出し


Settings メニューから「Glyphs」が選択されていることを確認。

AfterEffectsからLottieのJSON書き出し

「Render」ボタン押下したら任意の場所に data.json が書き出されます。

AfterEffectsからLottieのJSON書き出し


これで実装に必要な JSON ファイルが出来上がりました。

あとは、見た目に問題がないか Lottie 公式サイトのプレビューで見てみるフローです。

 

 

❹ Lottie にログインしプレビューページで確認する


生成された data.json を下記のプレビューページで確認することが出来ます。

lottiefiles.com

 

問題なくうまく書き出されていれば、こんな風に確認できます。

AfterEffectsからLottieのJSON書き出し


https://lottiefiles.com/share/O4iV4G

↑ 実際の作成ファイルのプレビューです



ちなみに JSON 本体のコードの中身覗くと、こんな風にちょっと怖いんですけど(笑)

f:id:hiromisatoh:20200206021434p:plain

コードで動いている SVG なので、大きな解像度のものでもディティールが美しいのと、なんといっても軽量実装が実現出来るのが嬉しいですね!

 

まとめは以上となります。

 
アプリにもWebにも使える!
マルチプラットフォームに対応している
Lottieアニメーション

lottiefiles.com


この記事が、これからトライする方など
どこかの誰かのお役に立てたら嬉しいです!

(この程度の内容だったら皆知ってるか…笑)