とある UI デザイナーの雑記

しがないフリーランスのデザイナーです

UX とドライブ

私は車の運転が好きです。

地方に住んでいた若い頃は毎日乗っていましたし、当時は、あてのないドライブをよくしていました。
基本的に無趣味でつまらない人間ですが、自分の唯一の趣味と呼べるかもしれません。

でも、よくよく考えてみると、あてのないドライブって単にガソリンやエネルギーを消費して走り続けるだけで何か収穫出来るのかと問われたら具体的に特に何もないし(せいぜい見たことのなかった初めての景色に遭遇できる&運転テクニックの向上くらいなもんでしょうか)冷静に客観的に見ると、何の目的を持ってやっているのか不思議な行動ですよね。走れば走る分だけ事故リスクも高まります。
しかし、車の運転が好きな人は、皆さんこれは昔からごく普通にやっている行為だと思うんです。

体験をする為に、お金や時間を費やす。

う~ん、これこそが UX だよなあって思います(なんか…アホな文章でごめんなさい)

でも、そういう顧客体験を提供する側に私も寄り添いたいので、かつて気持ちの良かった事や自身の体験も大切にしながら、仕事に取り組みたいと考えています。

ところで、最近、各自動車メーカーが昔懐かしい車種を復活させていますよね。
TVCMなどで目にして、何だかワクワクしてしまいます。
車が熱かった時代…(恍惚)

古い人間ですみません。
昭和感が出てしまった。