とある UI デザイナーの雑記

しがないフリーランスのデザイナーです

フリー三年目、自分へのダメ出し

異常にビビり

久々に何か書きたいと思い立ったのは、何となく二年の総括の意味も込めてここで気持ちを整理しておきたいと思ったせいかもしれません。
私は会社を辞めて二年になるけど、自分としては濃い二年間を経験して来られたと思っているし、最近は私生活の環境も変えました。
フリーになりたいと思い立った三年前に思い描いた暮らしに近付いています。
あと、とても優秀な人達と仕事を共に出来ている満足感もあります。
日々必死だけど楽しいです。

フリーとか名乗ってるくせに、私は変化に弱い方なので、優秀な人たちが通る大した事ない物事でも私なんかではきっとビビッてしまい大事に捉えているだけかもしれないけれど、私がこの二年で出会って来た人達は、第一線で活躍されそれでも涼しい顔でもっと凄い事を成し遂げたり考えたりされている、とんでもない方々ばかりで恐ろしいと感じます(笑)
尊敬の念しかありません。
でも、そうった方々と一緒にお仕事出来る機会を与えて貰えているという事は幸せなことですね。
きっとあの会社の、いち会社員のままでは一生出会えなかったであろう方々。

それなのに私はその与えられたチャンスを活かし切る事が出来て来たのかと自分に問うと疑問に思い、ここでダメ出しです。
まず、自分のキャパオーバーが怖い。
これは若い頃に、新卒で入った会社でも先輩から指摘されていた自身の特徴です。
ありがたいことに、問い合わせを頂いても、断ってばっかり。
今契約してもらっているお客さんへの仕事を最優先にしているのでそっちへのしわ寄せが怖い。
歳も歳だし無理をして周囲に迷惑をかけるようなことだけは避けたい。
いい加減な仕事をしたくない。
自分のポリシーに反する。
体力に自信が持ちきれないというよりも、絶好調のパフォーマンスで日々臨めるようにしておきたい。
そうすることで、当初予想していたよりも満足できるもの結果が出せるアウトプットに近付けると信じてる。
昨日よりも少し成長した自分に出会えている気がする。
綺麗事を言えばそうですけど、要は疲れ果てて生きるのも長い目で見たら何か違う気がする、という事なのかもしれません。
そりゃあ仕事してれば納品時期や作業の緩急があるので当然忙しい時は忙しいですが、それをコントロールし、メンテナンスするのも自分自身の裁量ですからね。
自分の身は自分でしか守れません。
自営業ならなおのこと。

小心者で小物のくせにフリーを謳い、一回そちらの世界に入ったら覚悟を決めるしかなかった分際で、何をやってるんだ?と自分を叱責することもありました。
最初の一年の方だけは、焦りと異常にアッパーなテンションで、楽しんでいたような気がします。
来たものすべて、さばいてやる!やってやる!!って。
二年目は念願だったフルリモートの働き方を実現したり影で色々実践していました。
身に余る下駄を履いてる状態だなという状況にもなっていたのですが、本名で活動しているリスクを徐々に感じるようになりネット発信も消極的になってしまい、なんだかあの時の躍動する想いが薄れているのか?と思えて来たりすることもあり、ここでもダメ出しです。
「異常にビビり」から来る要因でしょう。
でも最近は、周囲のあたたかい環境のおかげで元気になってきたのと、単純に仕事も楽しいので、オリジナルの作品をもっと作って世の中に発信する準備を進めたい、休日も無駄にしないように無理しない範囲で新しいものを作ってみたり勉強したいと思っています。

というか、こんな書いてる暇あったら黙ってさっさと形で示せって思うけど、こうして発言することで実際の行動に近付くんですよね。
二年前の異常なテンションの自分もそうでした。
楽しもうじゃないですか!

 

問い合わせにビビる

ありがたいことに、お問い合わせを度々頂いております。
返信できないのは、無視しているわけじゃなくて今のキャパオーバーが怖いのと完全にお断りするのがこちらの立場としてただ恐縮なので保留にしたいのです。
申し訳ありません。
あんなおかしなページから連絡くれるなんて嬉しいです。

 

Google の検索結果にビビる

さっきも言いましたが、本名で活動しているのでたまに調査のためにエゴサした時などにいちいちビビります。
というか笑ってしまいます。
「安全ではありません」って出て笑ってしまいます。
とても初歩的な方法でなのですが常時SSL対応を先週くらいにやっと行ってみました。

 

勉強会やイベントにビビる

エンジニア界隈の優秀な方達はよく勉強会を開いておられ素晴らしいですね。
いち早く最新の情報や知見を得る為に必要な行動ですし、優秀なエンジニアの方々はそういったものに積極参加されています。
まぶしいくらい前向きでとても素敵なことですしそういう人々は実際「スゲー人達」です。
デザイン界隈もやっていますが、またに「ちょっとペラくないですか?」って感じるのがあるくらいで、見たい!行きたい!といのがどうも少なく感じられ、というかデザインは黙って形で示せよって、男は黙ってサッポロビールだろって、そんなワチャワチャやってる感だけで内容が薄過ぎてもうって…。
つまりどうも及び腰になります。
後からネットで知れるしな…と完全に引き篭もりの発想です。
ダメ出しです(注意:自分への)

しかし、ここでまた真面目な話をしますが、勉強することを怠ったら、私が今関わらせて頂いているIT分野では今後は絶対についていけません。それだけは理解しています。
一人でも勉強は出来るので続けたい。
仕事仲間の雑談からも勉強出来ることがたくさんあるので助かっています。

 

過去を反復してビビる

私は新卒で広告制作会社に入社し(広告業界なので察してください)それなりに辛酸を舐め(笑)
その後非正規で大手の家電メーカーで組み込み式のGUIデザインなどに関わり
また会社員に戻ってから本格的にアプリやWebの仕事にガッツリ取り組み…と無名ですが割と商業デザイン界にしぶとく関わらせて貰えています。
デザインの仕事という意味では大きく変わらずとも、その時代その時代にニーズがある分野にポンッと気軽に飛び、その都度その分野の勉強をしいちいち感動をし取り組んで来ました。途中で嫌になった事は数知れずありますが、幸い飽きずにやって来られたのは、そういう時代と共に変化する媒体へ上手く並行してシフトチェンジしていけたからだと思っています。
いつもいつも初めての事にトライする事は、とても大変な事ではありますが、確実に自分の血となり肉となり骨となります。
全ての経験は財産になります。努力とかそんな暑苦しいことを言いたいわけじゃなく、内から湧き上がって来る探究心に純粋に向き合い、まだ見ぬものに(自分自身も含めて)期待するそんな心を持つのは楽しいものです。
ただしかし、そういうポジティブな思いと、一方でそれなりに経験して来た悲しい出来事も重い鎖となっているのは事実としてあります。
だからなのか、緩く取り組む、程良い加減、良い加減が分からないのでしょう。
私は、自分のプラス面とマイナス面が表裏一体なのを、そういうところで自覚しています。

 

これからフリーを目指す若い人達へ(ビビりながら)

私は、新人を育てるのが苦手で、過去にディレクターとして挫折を経験しています。
フリーになりたいと思ったのもそういう側面でもう無理だなと思ったのもあります。
放棄です、放棄。
でも、これからの時代、若い人は先輩に教わらなくても自発的に何でも吸収できる世の中です。
本当に自分次第、勝負の時代です。
だからこそ、適切な育成環境が不在でも、良い新人は勝手に育っていくと期待しています。
そして、覚悟を決めたら思い切って早々に独立したり起業をしたりしてみたら良いと思います。
組織内でも培われないわけじゃないですが、自分の生き死にに関わるので真剣さがまるで違って来ます。
そういう環境で仕事をするのは、確かにキツいですが、早い段階で何かが見えて来ることがあると思います。
少なくとも私はそうでした、放棄者であるこんな私からでも、誰かに伝わる事を祈っています。

つらくても楽しくなってくる時がきっと訪れます。
それまで好きなだけ納得するまで環境を変えたって良いんです。
いつか見付かるんです。
というか私自身もまだまだ先のことは分からないし末端の人間なので偉そうな事は言えません。
不満と満足は交互にやって来ます。

…これただの気分屋の感想だな…(ダメ出し)

とりあえず、楽しみましょう。